ゴルフ場会員権と預託金

ゴルフ場には会員権があることは誰でも知っているでしょう。
ただ、その内容について詳しいことは知らないはずです。
会員権を持っていれば特典を受けられることや、値上がりして利益を得られる場合もあることなど漠然としたことが多いのです。
ここではゴルフ場の会員権の仕組みについて説明しましょう。
会員権はゴルフ場が発行していますが、その価格はゴルフ場が決めているわけではありません。
会員権を持つための登録料と年会費がゴルフ場の収入となります。
また、会員権を譲渡する場合には名義変更が必要となりますが、その際の手数料もゴルフ場は徴収します。
これらの収入を得て会員に対する特典サービスを提供しているのです。
会員権を取得した人は老六両を払っていますが、これは預託金と呼ばれます。
つまり、会員特典を受けるために一時的に預けているお金です。
希望すれば一定の条件の下で返却してもらうことができます。
もちろん、一つのゴルフ場で多くの人が返却を求めてしまうとゴルフ場は経営破綻してしまいますから、現実的にはほとんど返却手続きを取る人はいません。
その代わりに不要になった会員権を売買サイトで売りに出すのです。
ゴルフ場の会員権はゴルフ場の人気に比例して価格が上昇します。
ただ、純粋にゴルフを楽しみたいと思っている人にとっては得点を受けることが大きな魅力となります。
預託金制度は金融取引の中で珍しいことではありませんから、ゴルフ場の会員権を株券と同じと思っている人もいるでしょう。
もちろん、投資の対象と観ることもできますが、会員権を持っているだけではメリットとなりませんから、やはりゴルフを楽しむことを考えるべきです。
プレー料金が半額以下であれば、気軽に予約したくなるのではないでしょうか。
また、練習場やロッカーなどの費用も割引を受けることができます。
ゴルフ場のスタッフから気持ちよく出迎えてもらえるのですから、それだけでもプレーする価値があるでしょう。
ゴルフ場の会員権を発行することでゴルフ場は一定の資金を集めることができますが、現実的にはそれだけで経営が成り立つわけではありません。
会員がプレーをすることと、知人を誘うことでお客が増えていくことが安定したゴルフ場経営につながります。