ゴルフ場の会員権の仕組み

ゴルフ場の会員権は昔からありますが、現代では利用者のニーズに合わせた新しい形の会員権が登場しています。
これまでは新しく会員になる時に預託金を払っていました。
そして毎年年会費を払うことで、ゴルフ場でのいろいろな特典を受けることができるのです。
この年会費は高額ですから、毎月2回くらいのペースでゴルフをする人でなければ特典によるお得感はありません。
ごく一部のお金に余裕がある人だけの会員権となってしまうは当然です。
そこで最近注目されているのが入会金なしで月会費制のメンバーが登場しました。
厳密には会員権とは言えないかもしれませんが、一定の会費を払うことで特典を受けられるのですから、実質的には会員権を持っているのと同じことになります。
この仕組みはすべてのゴルフ場が取り入れているわけではありませんが、多くのゴルフ場で利用できるようになっています。
ゴルフを楽しみたいけれど、そのプレー代が高くて利用できなかった人が利用しやすくなりました。
若者やサラリーマンなどがスポーツクラブ感覚で利用しています。
月会費を一定期間払い続けたら、正式な会員権を取得することができます。
設定されたプランによって違いますが、3年から5年程度です。
もちろん、この期間ずっと月会費を払うのですから、それだけお金に余裕がなければなりません。
現実的には数か月で止めてしまう人が多いでしょう。
ゴルフ場はこれまでのような会員権を利用する人だけでは経営が厳しくなっていると考えられます。
そのためにより多くの人が利用しやすい環境を整えようと工夫しているのです。
ゴルフの練習は頻繁にいく人でもゴルフ場でプレーする回数は限られています。
それだけゴルフ場での料金が高額なのです。
全国にたくさんのゴルフ場がありますが、名門と呼ばれるゴルフ場はとても気軽に利用できるはずもありません。
あまり人気のないゴルフ場で我慢しようとすると、スタッフのレベルの低さにがっくりしてしまうことでしょう。
ゴルフは自分だけがプレーするのではなく、その周りの環境も大切です。
大自然の中で気持ちよくプレーできるようにしたいものです。
そのためには事前にゴルフ場について調べておくことをおすすめします。

日本全国のゴルフ場で発行されている会員権について説明しましょう。
バブルの時期に高額なゴルフ場会員権が出回っていたのを知っている人なら会員権の役割もわかるでしょう。
まず、基本的な利用方法は会員権を持っていることで優先的にゴルフ場を予約することができます。
会員特典もありますが、それはゴルフ場によって内容が異なります。
また、会員権を持つためには購入するだけですが名義変更が必要です。
そのために余分なお金を払うのです。
つまり、誰かが会員権を売りたいと言ったら、その価格を出せる人は購入することができます。
しかし、会員の名義は前の所有者のままになっていますから、会員権の行使ができないのです。
ゴルフ場の会員権は名門と呼ばれるゴルフ場ほど高く売買されており、相場は数百万円となっています。
個人で気軽に購入できるレベルではないでしょう。
ただ、会員権の相場が変動することから、それを投資の対象と観る人も少なくありません。
ゴルフをやりたいのではなく会員権の売買で利益を得たいのです。
この売買自体は違法ではありませんから、インターネットなどでも売買を仲介するサイトがたくさんあります。
単にゴルフを楽しみたい人は、会員権など利用せずに普通に予約すればいいだけです。
ただ、会員権を持つことで優越感を感じる人は何とかして購入しようと思うのです。
ゴルフ会員権を持っている会社の経営者は少なくありませんが、これは会社の福利厚生や営業経費として賄っている場合も少なくありません。
会員権を利用して接待ゴルフをするのです。
そのためには有名なゴルフ場を押さえたいですから、相場が上がっていくのです。
ゴルフ場によって会員権の価値は大きく違います。
自分が好きな時に気軽にゴルフを楽しみたいと思うなら、近場で比較的安いゴルフ場の会員権を購入することをおすすめします。
自分の体が動く限り、ずっとそこでゴルフをすればいいのです。
昔のようにゴルフがステータスシンボルの時代ではありませんから、その価値を認めている人が購入すればいいのです。
ゴルフ会員権は購入した時だけではなく、年会費が必要です。
そのため、一般の人が気軽に購入できる物件とは言えませんが、価格が上昇すれば大きな利益が期待できます。